過去のお知らせNews List

2023

野呂篤史講師および梶田貴都研究員が,日本ゴム協会より第35回日本ゴム協会賞を,日本ゼオン(株)の研究者らと共同受賞しました.(
野呂篤史講師,梶田貴都研究員,日本ゼオン(株)の研究者らの共同受賞について,5月23日付のゴムタイムス1面で取り上げられました.
野呂篤史講師,梶田貴都研究員,日本ゼオン(株)の研究者らの共同受賞について,5月23日付の化学工業日報2面で取り上げられました.
野呂篤史講師,梶田貴都研究員,日本ゼオン(株)の研究者らの共同受賞について,5月22日付のゴム報知新聞3面で取り上げられました.
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの発表論文の内容が雑誌のCoverで取り上げられました.
野呂篤史講師,梶田貴都研究員,日本ゼオン(株)の研究者らの共同受賞について,Webメディア(InfoseekTHE SANKEI NEWS時事ドットコムRubberWorld等)のニュース記事で取り上げられました.
野呂篤史講師,梶田貴都研究員,日本ゼオン(株)の研究者らの共同受賞について,名古屋大学と日本ゼオン(株)が共同プレスリリースを発表しました.(名古屋大学日本ゼオン(株)PR TIMES
高野敦志准教授が日本レオロジー学会より2022年度日本レオロジー学会賞を受賞しました.(
野呂篤史講師および梶田貴都研究員が,日本レオロジー学会より2022年度日本レオロジー学会技術賞を,日本ゼオン(株)の研究者らと共同受賞しました.(
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの研究成果について,4月28日付の日経産業新聞9面で取り上げられました.
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの研究成果について,多くの国内 Webメディア(Yahooニュース、マイナビニュースのTECH+InfoseekExciteニュース等)のニュース記事で取り上げられました.
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの研究成果について,日経電子版で取り上げられました.
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの研究成果について,多くの海外 Webメディア(SciTechDailyAZoMaterialsPhys.org等)のニュース記事で取り上げられました.
燃料電池用の高分子電解質膜に関する当グループの研究成果について,プレスリリースを発表しました.(日本語英語
研究室の教員が責任著者の論文を発表しました.(論文リストPublications
鈴木慧さんが高野・野呂グループでの研究に従事することになりました.
2名が博士前期課程学生として高野・野呂グループで研究をスタートしました.
修士2年生3名が博士前期課程を修了し,学部4年生3名が学部を卒業しました.
3年生(2023年度4年生)2名が高野・野呂グループに配属されました.
ホームページをリニューアルしました.

2022

研究室の教員が責任著者の論文を発表しました.(論文リストPublications
太田真瑚さん(M2)が第33回エラストマー討論会での口頭発表で若手優秀発表賞を受賞しました.
中山孟紀君(M1)が2022年電気化学会東北支部・東海支部合同シンポジウムでの口頭発表で学生優秀発表賞を受賞しました.
堀内純子さんが高野・野呂グループでの研究に従事することになりました.
北草野杏佳さん(M1)が第183回東海高分子研究会講演会でのポスター発表で学生研究奨励賞を受賞しました.
北原綾音さん(M1)が第71回高分子学会年次大会でのポスター発表で優秀ポスター発表賞を受賞しました.
3名が博士前期課程学生として高野・野呂グループで研究をスタートしました.
野呂篤史講師が、学内未来社会創造機構 脱炭素社会創造センターの講師を兼任することになりました.
修士2年生2名が博士前期課程を修了し,学部4年生2名が学部を卒業しました.
3年生(2022年度4年生)3名が高野・野呂グループに配属されました.